NPO法人を立ち上げた経緯

ご挨拶

はじめまして。わたしは代表の向田と申します。

このたびは、このサイトを立ち上げた経緯とこれからの活動の方針をお知らせいたします。

キャッチコピーにもあるように、当NPO法人は【インターネットとフリーペーパーを活用し、社会貢献をし続ける】というvisionがございます。

まだ、スタート地点に立ったばかりのvisionですが、ここに来るまで紆余曲折がございました。

メインは児童養護施設出身者の教育、雇用、成長、安定、自立を支援するPROJECTとなっていますが、考えれば考えるほど、議論すれば、するほど、世の中には様々な要素が渦巻いていて、支援の方法や対象が一つにまとまらないのでした。そこには外的要因も内的要因も含めた障害が多々ありました。

もともと、児童養護施設のことをなぜ考え始めたか、長くなりますがお話しさせてください。

わたしは、大阪の西成区というところで生まれました。(厳密に言えば浪速区ですが、幼少時代のほとんどは西成区でした)

物心ついた時には、母親はいませんでした。そして、2,3歳の子供が昼間っからお酒を飲んでいる大人たちの足元でちょろちょろ遊んでいたのです。

西成区という場所は有名な場所で、わたしが幼少時代を過ごした40年以上前は今よりさらに、スラム街でした。

父親はアルコール依存症で、片足が悪く、とてもまともな仕事につける状態ではありませんでした。そういう生活に嫌気がさしたのか、母親はアパートから夜逃げ同然でいなくなったと聞きました。私自身は父親から母親の悪口ばかり聞かされていたので、次第に母親という存在を憎むようになりました。

父親はどうやって暮らしていたかというと、拾ってきた物を路上で販売して、小銭を稼ぐという生活をしていました。

わたしは、毎日そんな父親の自転車の後ろに乗って、暮らしていました。

その日暮らしなので、家も定まっていません。安宿に泊まれる日はそれなりに収入があったときですが、収入がないときは、材木置き場で養生マットにくるまれて寝かされ、独りぼっちにされ、その場で父親の帰りを待ち、パン屋からもらってきたパンの耳を食事にしていました。

今考えると、2,3歳の子供をそんな場所に一人にさせて、よく事故や誘拐、生き別れにならなかったと思います。わたしを父親は絶対に話しませんでした。わたしのことを可愛がっているというよりは、自分の生きている証のように執着していました。

その時に、ちらっと聞いたのは、何度もいろんな人に、わたしを施設に入れるように勧めたようです。その時、施設とは何かピンときませんでした。施設=怖いところみたいなイメージがありましたが、あの時言われていた施設が、児童養護施設なんだと思いました。

結局、小学校に行くころには西成を出て、大阪の東住吉区というところに住むことになり、父親は障がい者ということで、生活保護をもらうことになりました。

しかも、小学校にいつ行かせればいいかわからず、2年生になってから、初めて小学校に行きました。

今も問題になっていますが、生活保護のお金を父親はパチンコと酒につぎ込んでしまって、支給されたその日はおいしいものを食べることができるのですが、だんだんとお金が無くなって、学校に支払うはずだった給食代も払えず、周りに借金して支払いや、また酒を買っては飲んだくれて、暴れまわっていました。

アパートもまともなところではなく、保証人などいらないようなボロアパートでお化け屋敷に住んでいると、友達にいじめられもしました。

小学生高学年にもなると、わたしも自我が強くなって、どうしてこんな生活をしなければいけないんだろう、どうして施設に預けてくれなかったのだろう。世間一般の片親は母親だけというパターンが多いのに、どうしてわたしだけ、父親なんだったんだろう。と自分の人生に疑問を持ち始め、中学生、高校生と父親より力が強くなってきてなんでもできるようになると、早く父親から離れて、一人で生活したくなりました。

高校2年生の秋のことでした。夏休み中にアルバイトをして貯めたお金でわたしは大阪を出て、北海道に行きました。高校へは勝手に中退の届をだして、あてもなく北海道に行って、競馬馬の牧場で働きました。

それからはずっと一人で、必死に勉強したり働いたり、結婚もしました。

社会に出てからは苦しかったこともありましたが、それなりに楽しいこともありました。

生きていくということは、生かされるということでもあると思います。

生かされているという現状で、精一杯生きていました。

結局、競馬の牧場は長く続かず、人生の大半はホテルマンをしていました。

その間に離婚、再婚も経験しています。

若いときは必死に働いて、稼いで会社の成績を上げ、自分の給料も上がって、美味しいものを食べて、遊んで、また働いてが社会への還元だと思っていました。

自分の気持ちが180度変わったのは、ある事件をニュースで見てからでした。

2010年大阪西区で3歳児と1歳児が放置されて餓死した事件でした、

今、ここでこの事件の内容を詳しく書くことは、おぞましいので辞めておきますが、あの時はかなりのショックを受けました。

自分も当時、3歳と1歳のこどもがいたからというのもありますが、この事件の本質を考えていました。

事件の本質の前に、どうしてこんなに人は自分が気になる情報を深く知ることができるのかということを考えました。

昔と違うところは、そうです、インターネットが発達しているからです。

今、インターネットであらゆる世界の情報をとることができるので、自分の興味があることを調べようと思ったら、どれだけでもインターネットで情報を集めることができるのです。だからテレビを見なくても、新聞を読まなくても、世の中で起きている事件を深く知ることができるのです。これは、ある意味、とても恐ろしいことだと思います。

今までは知らないですんでいたことが、何でも知ることができるのですから。

話を戻して、この事件の本質に関しては、いろんな学者が色々述べています。

一般人であるわたしが単純に人間として思ったのは、苦しかっただろう、辛かっただろう。どうしてみんな同じように生まれて、幸せな子もいれば、辛い思いをしなければいけない子もいるのだろう。

餓死はしていないしパターンも違うが、わたしもそうなる可能性はあった。

この子たちがたとえ生きていたとしても、周りのいじめにあうかもしれない。

けれど、生きてさえいれば、わたしみたいに、苦しみも味わえれば、楽しさ、幸せも味わえるかもしれない。

いろんな感情が渦巻いて、この事件を知ったとき涙がポロポロでてきてしばらく落ち込んでしまいました。

やがて、自分がこういう社会に何ができるだろう。こういう社会だとしても、苦しむこどもを一人でも少なくするためには何ができるだろうと考えました。

そんなこと、自分のために働いていかにサラリーを手にするかしか考えていない時期では、とうてい思いつかないことだと思います。

ホテルマンをしながら毎日そういうことを考えていました。

やがて、児童養護施設というものに興味がわいて、いろいろコンタクトを取り、調べました。

全国に600件ほどあること。約30000人の入所者がいること。孤児院と思っていたら、親はいることが多いこと。こどもを育てられないいろんな事情で預けられること。障がいのある子も多いこと。18歳になったら社会に出ないといけないこと。大学進学率は2割くらいだということ。保証人などの問題で、就職や入居に苦労するということ。

そんな現状に自分もなっていたかもしれない。

わたし自身、就職にもアパート借りるのも、やはり身寄りがないということで苦労しました。そう考えると、施設を出た子たちと同じだったかもしれません。

わたしに何ができるか。

ずっと、どうしようか張り巡らせているうちに、東日本大震災がおきました。

最初は、大きな地震くらいに思っていましたが、やがて夕方になり、夜になり、テレビから目が離せませんでした。

こんなに一気に人が亡くなるなんて。

こんなに一気に、こどもを亡くした親が増え、親を亡くしたこどもが増えるなんて。

愕然としたと同時に、このままではいけない。

今、自分ができることをしなければいけないと思いました。

それから6年経ちました。

もがいてもがいて、やっと出た結論を2017年、スタート地点に立たせることができました。

なぜ6年かかったかは、また、おいおいお話ししますが。

一人でも苦しむこどもを少なくするためには、教育が必要。

そして、児童養護施設出身者の就職や自立に対する支援が必要。

こどもに限らず、いろんな苦しんでる人たちを助けるためには、社会の繋がりが必要。

みんながいろんなことを知り、何かしてあげたいと思い、実際に何かをしてあげる社会の仕組み作りが必要。

そしてそれができるのが。

インターネットだと気付いて、動き始めました。

恐ろしいと思っていたインターネットが、強力な武器になると思ったのです。

フリーペーパーについては、またお話ししますが、わたしは最終的には自分の得意分野である、リゾート運営で社会貢献をする仕組みを作りたいと思っていますが、今できることは、その次の得意分野である、インターネットによって、このことを広くしってもらい、また支援している個人や団体の活動を紹介し、社会貢献の情報を繋げることにより、支援していく仕組みのスピードが早まり、社会がよくなるスピードが早まると感じました。

最終的な目標は直接的な支援ですが、今、わたしがインターネットで行うことは、いろんな情報を集めることに特化しており、様々な支援、活動、現状を紹介していきます。

一人でも苦しむこどもが減りますように、一人でも社会に出た子が救われますように。

社会に行かされている一員としてしっかりと責任を果たしていこうと感じています。


                                             2017年吉日